TOPICS
トピックス

サイト制作をハンドドリップで例える

こんにちは。
最近、コーヒーをハンドドリップで淹れることに
ハマっている円山(ハンドドリッパー初〜中級程度)です。

「コーヒーなんてインスタントで十分だよ、味なんて大して変わんないし」

いや、私も実はそんな風に思っていました。
味なんて大差ないんだからほぼ苦ければいい、くらいに。

でも、間違っています。
コーヒーはハンドドリップで淹れてこそ本当の幸せが得られるのです。

ちょうど良い機会なので、今回はサイト制作をコーヒーのハンドドリップで例えてみたいと思います。

豆を選ぶ

さて、まずは豆選びです。
何はさておき、豆選びは美味しいコーヒー(Webサイト)を作り上げるのに非常に重要です。

例えば、ガツンと苦味の効いた濃〜いコーヒーを飲みたい。
ということだったら深煎りのイタリアンローストを選びましょう。

サイト制作で言うならば「50代のハーレー好きのおじさまにビビッとくるサイトにしたいので色は黒、飾りはクロムハーツ的なものでいくか」といったところ。

「50代ハーレー好きおじさま」というところは、できるだけ掘り下げていったほうがいい。
ハーレー好きと言っても、私生活までどっぷりダビッドソンの人もいれば、週末だけダビッドソンの人もいる。
中には見た目は相当のハーレー好きかと思いきや、実はゴツいものが好きというだけで「ハーレーの本あげるよ?」の声に「え?…ああ、どうも。」ぐらいのおじさまだっている。

要するに、ただイタリアンローストならいいんじゃない、コスタリカ産ということまでこだわるか、だ。

豆を挽く

コスタリカ産のイタリアンローストに1/4だけキリマンジャロを混ぜた豆を選んだら、次は豆挽きだ。

しっかり豆の量を計ったら、ミルでゆっくりと挽いていこう。
コーヒーの香ばしい香りを目を閉じて嗅いでみよう(ミルは挽いたまま)。
このあと美味しくいただく自分の姿がぼんやりと浮かぶはずだ。

そう、これはサイト制作でいうところの「デザイン」だ。

頭の中でぼんやりと最終形のサイトをイメージしながら、あせらず確実にデザインしていく。手と目と鼻と耳をフルに使って納得がいくまで積み上げよう。

 

抽出方法を決める

今回はハンドドリップだが、抽出方法にはコーヒーメーカー、サイフォン、フレンチプレス…などいろいろある。自分の求めているコーヒーに合ったものを使おう。

これはサイト制作でいうと「プラットフォーム選び」にあたる。
CMSを使うのか、使うとしたら有料のものなのかフリーのものか。
これが決まらないとサイトは完成しない。

挽いた豆をどうやって抽出しようか、これ重要なことです。

抽出

次はいよいよ抽出だ。

ふっくらと膨らんだ豆を楽しみながら、ゆっくりとお湯を注いでいこう。
徐々にコーヒーが落ちていく様子を眺めているだけで幸せな気分になるだろう。

コーディングとはまさにこういうもの。
テキストで組んだものが徐々にサイトとして形を成していく。
リロードするたびに悦に入ることだろう。

まとめ

どうでしょう。

サイト制作とハンドドリップの関係、お分かりいただけたでしょうか。

弊社では来社いただいたお客様に美味しいコーヒーを提供したいと思っています。
腕に自信のあるWebデザイナーさん、ぜひいらしてくださいね。

INQUIRY
お問い合わせ

お電話によるお問い合わせ

tel.0263-25-9308
受付時間:月曜〜金曜(平日)10:00〜18:00

お問い合わせフォーム

お問い合わせ項目

会社名

お名前 (必須)

フリガナ (必須)

メールアドレス (必須)

メールアドレス確認用 (必須)

お電話番号 (必須)

ご住所 (必須)

お問い合わせ内容

stuff Maruyama
私が誠心誠意お応えします